ハロウィンでモチベーションUP⤴

2021.10.26 ピアノレッスン

巷ではハロウィンの仮装で盛り上がってますね😅

私がこどもの頃はバレンタインくらいで、ハロウィンの習慣とかなかったからいまだに「何だそれ…?」😶って感じです(苦笑)

ハロウィンを上手に取り入れてらっしゃる先生方は、その週の生徒に仮装をしてきてもらったり。
素晴らしい~~~✨🎃👏

流石に、ハロウィンを知らない世代にそこまでのエネルギーはないので😅
毎年ちょびっとだけ飾って、生徒のモチベーションを挙げてます💪
(多分…)

玄関でお出迎えしている小人たち

友人にもらったハロウィンのプレート

玄関にある樹にも篝付け~♪

玄関を入ると…

そして、今週配るお菓子たち~♡
モチベーション上がる!?
   

まん中に埋もれているのは
せめてカチューシャぐらいしようかな~、と…。
多分今年もしきらんけど😂

 

発表会の曲
「今月までに両手で弾く」
がんばれ~♪

体験レッスンで思うこと

2021.10.14 ピアノレッスン, 体験レッスン, 導入レッスン

ピアノレッスンを40年を続けていると、数えきれないほどの体験レッスンをして来ました。

気持ち良く終わる時もあれば
そうでないときも…

たった30分のレッスンでは、こちらの意図するものを伝えるのが難しいときもありますよね😅
それを伝えるのがプロ!

さて、ここ何年かは、よっぽどの事情がない限り体験のあと必ず入会してくれるようになりました。
嬉しいですね♡

その体験レッスンですが
今まで他のお教室で習って来た生徒さん

拍子感がない
音符が読めない
指のフォームができていない
音価がない

などなど(まだあるけど😓)

なのに楽譜にはマルが付いている😶💦

な~ぜ~!?

と言うことは
弾けたらOK🙆‍♀️
マル〇(それも💮)にしているってことなの〜😱💦

拍子感
音感
音価
リズム感
指のフォーム
表現力

たとえ幼少期から始めても、ピアノを弾くにはとても大切なこと!
いえいえ、幼少期から始めるから大切なことなのでは!?

私は体験レッスンのとき
様々な話の中の1つに
「もし私の手を離れても、1人で音楽が楽しめるようピアノの基礎、音楽の基礎をしっかり教えます」とお伝えします。

つまり、習う前からレッスンを卒業したあとのことを想定してレッスンしています。

ピアノの基本が理解できていないのに💮が付いてるってことは、どう「導入レッスン」をアプローチして良いか分からないままレッスンをしている、と言うことなのでしょうか😨

それは大変です💦

きっと教える側も困ってらっしゃるのでは…?

もし宜しかったらこちらのブログは如何でしょうか?
ピアノの先生方へ
「導入レッスンどうしてますか?」
宜しければご一読ください。
導入レッスンのお役に立てれば幸いです。

お尋ねになりたいことがございましたらこちらからお願い致します📧

 

発表会のためのプレ・リハーサルとリハーサル

2021.10.10 ピアノ発表会

12月5日に行う「第42回ピアノ演奏会」で、今回、9名の生徒が初めて演奏します。

そこで、本番前のリハーサルの前の前に(笑)、「プレ・リハーサル」と称して、初めて生徒さん+幼児科さん合わせて11名が参加しました。

プレ・リハーサルの準備

本来なら、全員で参加して

  • 人まで演奏する心得
  • 演奏迄の導線
  • お辞儀の仕方
  • ピアノの座り方
  • 人前演奏(今がんばっている曲、弾ける曲)

をみんなで確認するところ、感染者数は減ったとはいえやはり「密」は避けたい😣

と言う訳で、30分ずつ4つのグループに分けてお知らせを配布。
レッスン室も、ちょっとだけリハ仕様に応用替えです♬

カメラは3台。

ピアノの左側に、モニター用(テレビ画面に映してるカメラ)
zoom録画用のwebカメラとipad。

そうなんです!
実は、今回の様子を教室の生徒さんや、教室に参加できなかった保護者の皆さんが自由に観れるようzoom配信しました💻

なので、日頃お会いしないご家族の方(お父さんとか)が来られて、家ではお母さんが配信を観てるパターンもあり、日頃お会いできないご家族の方にもお会いできました♡

 

プレ・リハーサル当日

リハーサル、と言っても演奏会で弾く曲は流石にまだ仕上がっていないので、今がんばっている曲を2~3曲演奏します♪

みんな人前で演奏するは今日が初めて♡(何人かの幼児科さんは前回の演奏会で演奏済み)
日ごろとは同じように弾けない生徒が続出😂
親も、神妙なこどもの表情に苦笑い♪

3組の、それもいつもと同じピアノでこの緊張感だから、リハーサルや本番ではもっと緊張するのかな😅

緊張も学習です。

大いに緊張していつもと違う自分を味わい、緊張に打ち勝つ強い心を作りましょう♡

 

早期に行うリハーサル

リハーサルと言うより弾き合い会なのかもしれません。

なぜこんな早い時期から行うかと言うと、ズバリ、「演奏慣れ」してもらいたいからです。

と言っても、2~3回の弾き合い回くらいで慣れたりはしません。

が!

もう1つ大きな目的がデデン!

 

通常のリハーサルは発表会約1ヶ月前に2回行います。
多いときは3回。

はっきり言って1~2回目のリハーサルは皆ボロボロです😅
演奏するのも、それを録画させているのも気の毒なくらい。

それでも保護者には、お辞儀から最後のお辞儀迄、一部始終を録画して頂きます。


(写真は2020年、1ケ月前リハーサル)

だいたい1~2回目のリハーサルでは、家に帰ってそれを見ながらほぼ反省のみ。

でもこの反省が次へのステップにつながるんです☝

 

1ヶ月前のリハーサルにも関わらず、ほぼ完ぺきに仕上げる生徒も1割ほどいます✨
その生徒と、ボロボロの演奏動画が起爆剤になり、ラストスパートに加速が掛かります🔥

そして、約1週間(日程によっては2週間)前の最終リハーサルでは、凄い「力」を発揮した演奏をするんです!!!

 

もちろん全ての生徒じゃないけど😅、危機感を感じた保護者と生徒のラストスパートは素晴らしいですよ~。
(ホントはもっと早くからじっくり仕上げてほしいけど😓)

 

さ今年もあと1ヶ月半。
みんなには危機感があるのかないのか!?
来月のリハーサルが楽しみです♡

TOP