初「バレットジャーナル」セミナー受けた!

2020.5.14 自分のこと

最近物忘れがひどくて…

今日すること、明日することがだんだん覚えられなくなり
何でもノートに書き留めて、
終わったら斜線を引くを繰り返して来たけど
これが全然可愛くない…😓

ノートはA5サイズで大きくも小さくもなくOK👍
ルーズリーフなのでカスタマイズも自由👍

だけど可愛くない…。
どうにかしたいけどどうして良いか分からない…

で、ストアカで見つけました~~~♡

「バレットジャーナル♡」

って何😳!?

ストアカのキャッチでは
「2週間で人生を変える!思考整理のノート術」って書いてあって
それに飛びついたってわけです。

 

この時期なので、セミナーは自宅からZOOMでオンライン受講💻
ZOOMは仕事で使うようになりセミナー受講の幅が広がりました☺✌

セミナーのことは今回はパスね。
生まれて初めて聞いたバレットジャーナルのことを書いてみましょう📝

まず結果から

良い😍
めっちゃ可愛くなった♡
見易くなった👍

前のノートがどんなものか分からないので比べようがないし
ネットで「バレットジャーナル」って検索すると
これの数百倍可愛い、イラストと手書き風のノートだらけだけど、
以前の私の白黒斜線しかないノートに比べたら
雲泥の差!

バレットジャーナルのポイントは「KEY]と言われる
箇条書きのメモの冒頭に書くシンプルイラスト。

イラストと言うより記号かな?

皆さん可愛い「MY KEY」を作ってあって
私もまねしたかったけどこんなんしか浮かばんかった👇

絵心ゼロ😓

もう1つのポイントはインデックスとマンスリーログ

パソコンで作った👆
ちょこっとイラスト入れるだけで可愛いしオリジナルって感じ♡

毎日のTODOメモはこのページに👇
5月はみどり
6月はブルー
色分けしてみた📝

まだまだ作り直しの余地満載😓
でもね、シンプルだから自由に書き込めるって言う利点はある(苦笑) 

セミナーの講師は男性なので、可愛いBJからは程遠かったんだけど
ネットで色々調べたら、オリジナル溢れる可愛いのがいっぱい見つかった♡

今回、初めてだったのでこのyoutubeを参考に作ってみた👇)
【バレットジャーナル】キーの書き方・アイデアと設定方法!(シンプルで可愛い)

この中で「マインドマップ」と言うのが出て来たんだけど
すっごい気になる😳

ヨシッ!
今度はそれについて調べてみよう!

緊急事態宣言「解除」で通室レッスンをどうする!?

2020.5.14 未分類, ピアノレッスン, 新型コロナウィルスの影響を受けて

4月7日から1ヶ月と1週間。
緊急事態宣言が解除になりました。

「嬉しい~♡」

はずなんだけど、心の底から喜べなかったのは何でだろう?

そう、
1ヶ月、いやもっとそれ前から心と身体がウィルスに対して過剰反応してたから
急に「解除」と言われても

「ホントに大丈夫…?

が本音。

確かに政府も、今まで通りの三密や安全対策を継続することを推奨してるけど
ずっと我慢してきた人たちの心が一気に緩みそうで不安は隠せないな…。

まずは通室レッスン再開のお知らせ

 

 

「解除」=「通室レッスン」?「解除」≠「通室レッスン」?

安全に通室レッスンしてた抱けるように、三密以上に「通室レッスンのお願い」を作成

一日も早く安心してレッスンが再開できますように😌

オンラインレッスン体験会を通して分かったこと

2020.4.30 ピアノレッスン, レッスンアイディア, オンラインレッスン, 新型コロナウィルスの影響を受けて

オンラインに対する不安

3月から余儀なく始まったzoomを使ったオンラインレッスン。

子供にスマホを使わる…?
タブレット?
パソコンにアプリ???

連絡用にスマホは使っても、それをレッスンに使用することに抵抗のある保護者は少なくないようで、3月にお知らせを配布しても参加して頂けたのは3名のみ。

休会は1割で、残りは全て録画レッスンを希望。

録画の方がオンラインより音質が良いからそれはそれで良いけれど、先々を見通した時、ピアノレッスンにもぜひオンラインを活用してもらいたくて、ずっとお知らせをしていました。

オンラインレッスン出来ない理由は、端末を使うことだけじゃなく、家庭の事情も様々で、決して無理強いは出来ません。
この時期は様々な理由により、個人ラインしても返信が戻ってこないケースもあります。

じゃ、それ以外の保護者がオンラインに賛同できないは、

1.ネットと言う不安
2.
子供が端末機器を使うと言う不安

それともう1つ、

体験したいけど、
3.この時期、仕事や家庭の規制で自由に予定が作りにくい

ならば、間口をグググッとと広げたらどうか…?

と言うことで、
4月26日~30日、と設定してみた。

すると、連絡がポツリ、ポツリ😍

オンラインと言うハードルを下げるため
オンラインレッスンの事情が許せそうな保護者ひとりひとりにメールを送信。

すると、またまた連絡がポツリ、ポツリ😂

今まで休会していた保護者からも連絡が入りました♪

 

不安を解消するのもピアノ講師

誰しも、新しいことを始めるのは不安がいっぱいです。

私達はピアノ講師だけど、「音楽」を教えるだけではレッスンを続けることができません。

「何々を始めます。ご協力ください」

これだけでは、そのことが初めての保護者にとって「協力」することに不安しかありません。

 

何が不安でどうして協力できないのか。
寄り添うことで、須戸でも解消でき、講師が取り組む新しい「課題」にも協力して頂ける、と言うものです。

って今頃!?

って感じですが、今回の新型コロナに対する様々な「対処」は私にとっても初めてのことで全て手探り。

理解するのも時間が足りず見切り発車のことも数々。
これで決定して決行して良いのか…?誰にも賛同してもらえないので勝手に「これで良いんだ!」と決めつけていたことも多々。

言い訳ですが、この状況下のせいで
きっと私ひとりだけが勝手に理解して、勝手に「協力して下さい」とお願いしていたかもしれません

 

オンラインレッスン体験会を通して分かったこと

当初私が「一斉メール」に添付したお知らせ

(読みずらい😓)

つまり、こんな紙切れ1枚じゃ保護者の不安は解消されないってことです。

何かのサイトで見たけど、この状況下、お知らせだらけで意味不明だそうです。

「だらだら説明したお知らせ、読む時間がないです。」
「だからいったい何が言いたのよ!?」
「で、どうしたら良いの…!?」

極端に言うと、お知らせは簡潔に「〇〇します」箇条書きが一番だそうです。
(特にこの時期は)

その後、それぞれの事情を抱えてらっしゃるご家庭に寄り添いながら個人メールを深めてゆく

この「深めてゆく」は、保護者の事情を察しながらなので、少しずつ詳細を伝える、と言う意味です。

 

 

今回、オンラインの間口を広げハードルを下げたことで、休会や録画レッスンだった生徒の半数が移行され、
全体の

1割 休会
4.5割 録画レッスン
4.5割 オンラインレッスンに代わりました

5月はこの形でレッスンを続けます!

 

 

 

年度終り、年度初め、これからのレッスン

2020.4.17 未分類, ピアノレッスン, ピアノ教室, レッスンアイディア, 新型コロナウィルスの影響を受けて

うちの教室は4月が年度末!

今までのレッスン状況を1人ひとりにお知らせする時期です📝
新年度にいるプリントを印刷して渡して書いてまとえて…😅

机に乗りきらない💦

 

1年間のレッスン状況用紙👇

小学校の通知表に所見の欄ってあったでしょ?
あんな感じで、カルテに書き溜めた状況をひとりひとり書いて渡します📝

この子は1年間こんな感じだったな~、とか
スゴイ!楽譜2冊も進んでる!
あれれ?、ちょっと停滞気味💦

などなど
ひとりひとりの書き込みは大変な作業だけど、
レッスンの振り返りにもなります👍

袋詰めして、住所を貼って…

あと、月末に始める「zoomオンライン体験レッスン会」のお知らせをどんな風に書こうか悩み中😅

今行っている録画レッスンは、音質も画質も安定してるので結構気に入ってるし、生徒も画面をしっかり見て練習してくれているけど、

リアルタイムじゃない
生徒の顔が見えない(対面じゃない)

あくまでも、ビデオを見てる生徒を想像しながら…
「ここの弾き方どう思う?・・・うん、うん・・・、なるほど♬😊 そうね、当たり👏」
な~んて、ロンパールーム(古ッ!😳)みたいに一人芝居しながら画面に向かってお喋りしてるから、人が聞いたら驚くかも(笑)

嫌いじゃないけど、どう思ったのか、本当に理解できたのかな~、って心配になるのよね~。。。

 

ビデオレッスンとZOOMレッスンのいいとこ取りの新しくて安心できるレッスンの形を
一日も早く確立しなきゃ!

とにかく全てが初めてのことだらけで手探り状態。
何か1つするたびに調べて理解して使いこなしての繰り返しです😅

がんばります👊🔥

 

 

TOP