ピアノのグループレッスン リズムdeあそぼう

今年度から、通常レッスンに年6回グループレッスンが加わり益々賑やかになりました♪

今回のグループレッスンは「リズム」

リズムって何…?
音符の種類が多くて覚えられないよぉ😢
上手くリズム打ちする自信がない…

ピアノレッスンでは子供たちに「あるある」リズム難民です(笑)

今回はそんなリズム難民を少しだも打破すべく
リズムを音符で考えずリズム言葉に変身!
そんでもって、ひとりだと自信ないけど

「みんなでやればリズムなんてへっちゃらだ~~~い」

と言うことで、リズム言葉ボディパ作りをしました👋

難しいリズムはリズム言葉で克服

例えば

「👆のリズムをたたきましょう♪」

と言っても、リズム難民の子には「???」です(@_@)

でもこれに言葉を付けると…

 

「ポテトチップス!」

と言いながら、ほとんどの子供たちがたたけます。

これは子供だけじゃなく、大人の生徒も
ほぼ1回でクリアできます✨

 

このように、難しいリズムには言葉を付けて

リズムって何…?
音符の種類が多くて覚えられないよぉ😢
上手くリズム打ちする自信がない…

を克服👍

今日は、そのリズム言葉をみんなで考えて難しいリズムを楽しんじゃえ!
と言うグループレッスンでした(^^♪

拍子とリズムの違い

リズム難民に陥りやすい理由の1つに
拍子とリズムの意味をごちゃまぜにしていることがあります。

まずは一定の早さ、一定の拍子感をたたきながら
様々なリズム言葉を発語し(歌い)ます。
一定の早さを保つにはキーボードのリズムボックスが最適♬

 

 

 

 

 

 

 

 

「チョコレート ギュッ(四分休符)」「グレープフルーツ」「チュッパチャップス!」

「ホットケーキ ギュッ」「たまごサンドイッチ ギュッ」「パイナップル ギュッ」

こ~んな感じで4拍子の美味しいリズムをボディパ👋

で、そのあと、こんなにたくさんの種類の音符をみんなでリズム打ちしたのよ~ってカードの音符を見せると
「え~~~ッ!? ウソ~! ありえん…(◎_◎;)」とみんな驚いてました(笑)

その時の様子👇


録画ミスのため、いい具合にピンボケしてます(苦笑)

今回は、テーマ曲「テキーラ」に合わせて予め決めた4つのリズムに「リズム言葉」を付けて
ボディパをする。
これが今回の学習目標。

みんなで考えれば必ずできる!

1年から6年生までが程よく混ざった5~6人で1つのグループを作り、
まずグループリーダーとグルー名をみんなで考えます。
始めの話し合いが難しい学習じゃないので
みんながそれぞれ意見を出し合い、学年を越えてみんなで考える力ができます。

お互いのことが分かったら、早速みんなで問題を考えます♪

リズムに言葉を合わせるってどーゆーこと???
長い音符と短い音符、どんな言葉でつなげたらいいの???
言葉が出てこない時はどうしたらいい???

こどもたちの頭の中は「???」だらけ(笑)

みんなで考えて1つずつ問題を解決。
6年生が1年生に分かりやすくアドバイスしたり
グループリーダーがみんなの意見をまとめたり

やっぱり子供たちの力ってスゴイ!!

それぞれのグループで考えたリズム言葉にボディパを付けて
最後にみんなに発表です♬

こ~んな感じで、各グループ、短い時間にリズム言葉とボディパを考えて発表しました。

最後はみんなで集合写真を撮って
笑顔で終了~♡
(顔出しNGのため写真はカットね)

 

終わりのおやつも忘れずにお持ち帰りです♡

 

 

 

 

レッスンアイディア, グループレッスン, ピアノレッスン

2019.5.25

コメントはこちらからどうぞ


TOP