レッスン参観と保護者面談

毎年9月は、レッスン参観と保護者面談を行っています

コロナの感染が拡大する前は、レッスン室にお越し頂き、レッスンを参観。
その後対面で面談を行っていましたが、
この時期なので、参観も面談も全てzoomオンラインで行っています。

便利な世の中になりましたね~。

 

レッスン参観とは

私のレッスンでは
幼児科(小学入学前)まで、必ず保護者同伴でレッスンをお願いしています。

保護者同伴の理由は
・送り迎えの安全性の確保
・レッスンの内容を保護者の方も一緒に理解して頂きたい

から。

話は変わりますが
私のレッスン方針の中に「自立」と言うのがあります。

あピアノを弾くと言う「作業」は
レッスンで習ったことを覚えて帰り家庭で練習し、またレッスンでその成果を見てもらうまで、全てひとりで行います。

もちろんレッスンでは
・練習の仕方
・気を付ける点
・どこを取り出すのか
・どんな弾き方をするのか
などを伝えますが家での練習に私はいません。
(いたら恐いかも😁)

なので、保護者のみなさんは
自分の子供は、
・どんな風にレッスンを受けてるのか
・いつも話してくれてる通りか
・習った通りを家でしているのか

「現場」でどんな風に習っているか分からないので比べようがありません。

そこで、年に1回この時期(9月)に
レッスンを参観して頂いております。

以前は、わざわざお越し頂いていたので、早い時間にレッスンを受けている生徒の保護者の皆さんは仕事を休んでらっしゃいました。

今はオンラインでレッスンを観るので、何と仕事先から(休憩時間をもらって?)参観される保護者の方もいらっしゃいます。
(素晴らしい)

レッスン参観の日程は、生徒のレッスン時間内。
特にお声がけもないので
1.時間になったら、入室(こちらが許可)
2.レッスンを参観
3.レッスンが終わったら、ご覧頂いた保護者の方に簡単なご挨拶をして退室

こういう流れです。

ただ観るだけ(参観するだけ)になっているようですが、
同じ月に面談がありますので
・面談の前に参観された保護者の方は参観の感想を
・面談後参観される保護者は、面談で聞いた話を参考に

それぞれの効果は出ていると思います。

👆こんな感じでパソコンを左に置いて参観の様子を配信しています。

保護者面談とは

年に1回、レッスン参観と同じこの月に「保護者面談」も行っています。

1.レッスンの状況
2.ご家庭の様子
3.webアンケートより
4.発表会/これからのレッスンのお知らせ
5.これだけは聞いておきたい!ご質問

の5項目について、御一人様20分ほどお話します。

面談希望は、事前にお知らせ用紙に記入して時間を決めます。

そうそう、面談ももちろんzoomで行っています。
これはとっても便利☝

コロナ前までは参観に来て頂いた日に面談も行っていましたが
30分のレッスン中、前半参観、後半面談。
レッスンの時間が押したときは、面談の時間が10分足らずになることも😓

また、面談中は生徒にヘッドホン🎧を付けて音楽映像を観てもらってました。

zoomを使い始めてからは
・保護者の希望のお時間に合わせることできる
・時間を御1人20分たっぷり使える

ゆっくり生徒の状況をお話しできるようになりました♪

 

希望時間決めは
私のレッスンがない日の午前と午後を列記。
詳細時間はこちらで決めますが
「〇〇時間帯を希望」
と書いて頂いてるので、ほぼほぼ希望時間にできていると思います。

ただ、
全生徒の面談をレッスンのない時間に行うので
スケジュールが制約される…、と言うのは否めません。

それでも、年に1回の参観と面談を行うことで
・保護者とのコミュニケーションが取れる
・生徒の家庭での様子が分かる
・レッスンで躓いている理由が保護者の話から分かる
・今後どのような方向でレッスンしたら良いか分かる
・保護者も、どのようにピアノレッスンと向き合って行ったら良いか理解して頂ける

などなど、いいこと尽くしです♡

どんなにスケジュールがタイトになっても、参観と面談はこれからも続けますよ😘

 

ピアノレッスン, ピアノ教室, レッスンアイディア

2021.9.13

コメントはこちらからどうぞ


TOP