練習の順番「ゆ・め・ぴ」

ピアノレッスンノートの新しいページ

益子祥子先生レッスンノートに刺激を受けて、オリジナルのレッスンノートを作ったのが2014年。 ノートの中には様々なページがあり、祥子先生の教わったように、子供たちを育てるノートとしてノートも育っています(^^♪   さて、そのレッスンノートの新しいページとして今回加わるのが 「れんしゅうのじゅんばん」ページ 練習の順番は、習い始めの頃から 「新しくもらった曲は、いきなりひかずに ゆ・め・ぴ で練習してね」ずっと伝えているのに 「ゆ・め・ぴ~」って言葉は覚えてくれているけど いまだに実践に至らない生徒がチラホラ… 「な~ぜ~😱💦 ど~も練習のイメージが伝わってないみたいです😥 そこで、まず文字にして視覚化してみました👇

新しくもらった曲はいきなり弾かずに 音符の確認と、ブラインドタッチで演奏するために 

👆指タッチしながら音符で歌います🎤 

だから「指タッチ」の「ゆ」♪

 

繰り返し後は手をおろして楽譜をガン見👀しながら 目で音符を歌います🎤

なので「目タッチ」の「め」♪

 

 

 そうそう! うちの生徒は口の前にマイクを握ったつもりの手を持ってゆくとつられて歌ってくれます(笑) 流石カラオケ世代(^^♪ 

 👆指タッチと👀目タッチがスラスラ出来たら

ピアノで弾きます🎹 

だから「ピアノ」の「ぴ」♪

「ゆ・め・ぴ」

 

これがうちの練習順番😆

 

ブラインドタッチでピアノを弾くために

実はこの練習順番 ブラインドタッチ、つまり手元を見ないでピアノが弾けるようになるための導入です。 ブラインドタッチができれば初見にも強くなるし ゆくゆくは自分の音に耳を傾け 音色を聞く演奏にもつながります😊(きっと!)   レッスンノートの中段に青文字で こわざをつかいます」の中に「て」「め」があります。 この「て」がとても重要で 両手で弾けるようになったら、弾いている最中に楽譜を12小節ずつ手で隠します。 生徒は弾いているところが隠されているので 楽譜の「先を見ます」 この先を見る先読みが ブラインドタッチ で弾けるポイントなんですね☝️ 手で楽譜を隠すと、暗譜が簡単にできます。 (1石2鳥😍) 暗譜ができるようなったら、目を手で隠します。 鍵盤を見ないで弾く「こわざ」です(笑) これが生徒には大うけ😊 (目に当たらないようそっと手を添える感じで♡) 低学年の子ならキャッキャ言って弾いてくれます✌   と言うことで、 練習の順番→レッスンノートの話→ブラインドタッチ→暗譜→最後は正真正銘のブラインド演奏まで話が広がったので 結局1石4鳥!?かな😊   そうそう! 練習の順番の(   )の中は以下の通りです👇 

 

 

 

#福岡市中央区 #平尾 #ピアノ教室 #音楽教室 #レッスンノート #ピアノの練習 #ピアノ

ピアノレッスン, レッスンアイディア

2020.7.10

コメントはこちらからどうぞ


TOP